バトル攻略

二の災壇を攻略(完全制覇)する時に役に立つ事【万魔の塔】

投稿日:2019年11月16日 更新日:

万魔の塔楽しいです(^q^)

必勝構成がわかったので追記しました。

 

 

スポンサーリンク

二の災壇を攻略する時に役に立つ事

二の災壇を周回していてよかった小技を紹介します。

今回使える小技が使える職は『バトルマスター』『天地雷鳴士』『賢者』『どうぐ使い』『デスマスター』の構成の場合です。

 

必要な耐性

必要な耐性は『マヒ』『封印(呪文)』『転び』になります。

時増しの巨人(サイクロプス)はランドインパクトを使ってきます。

ランドインパクトには転びの効果もあるので『転び』があると安心です。

 

ランドインパクトの威力ですがスクルト1段階で磁界シールドの上にいるバトルマスターが384のダメージ、スクルト2段階で磁界シールドの上にいる賢者が276のダメージだったので磁界シールドが無くてもHPが満タンならなんとか耐えれそうです。

バトルマスターの場合は時増しの巨人のランドインパクトの表示が出ても攻撃し続けて押し切った方が安定する場合があります。

ランドインパクトの範囲が結構広いです。

どうしても避けれない場合があるので前衛職は転びガードを装備して攻撃を続けた方が良い思います。

 

5~20の災いのボスには『おたけび』が効く

5~15の災いのボスに『おたけび』が効くのでおたけびを使いましょう。

バトルマスター構成が多いと思うのでスタンショットを使う人もいるでしょう。

『おたけび』→『スタンショット』→『スタンショット』と決まればかなりのターン行動を制限する事ができます。

事前のスタンショットの順番を決めておくと良いでしょう。

闇宝珠の『スタンショットの技巧』も持っている場合は入れましょう。

 

すぐにおたけびを使わないのも手です。

おたけびをあえて残して体力が半分くらいになってからや怒り状態で使うのも良いでしょう。

 

20の災いに出てくる『カラミティスコルプ』にもおたけびが入ります。

他のボスより体感は入りにくいという感じがしますが…。

スタンショットは温存しておくと良いでしょう。

 

5~20の災いのボスには『幻惑』が効く

5~20の災いのボスには『幻惑』が効くので扇を装備できる職は『百花繚乱』『花ふぶき』を使いましょう。

ボスが登場した瞬間の初手に使うと良いです。

幻惑の更新も可能です。

幻惑が入ったらバトルマスターは相手の攻撃を恐れずに攻撃して押し切った方が安定しました。

 

20の災いのボスの『カラミティスコルプ』にも幻惑が効くので必ず入れましょう。

 

テンションが溜まってる時に『スタンショット』を使わない

テンションが溜まってる時にスタンショットを使うとテンションが勿体ないのでおたけびで代用しましょう。

ピンチの時以外は使用を控えましょう。

 

蘇生はサブヒーラーが担当する

味方がやられた場合は蘇生はサブヒーラーすると良いでしょう。

余裕のある状況ならヒーラーが蘇生しても良いですが大体やられる時はきつい時なのでヒーラーは蘇生まで手が回らない場合があります。

 

『ピオリム』『マジックバリア』『スクルト』を維持する

『ピオリム』『マジックバリア』『スクルト』が使える職の場合はこの3つを維持すると安定します。

新アクセサリーの『竜のうろこ』の登場で耐性次第ではダメージを無効かできる人も出てくるので非常に戦いやすくなると思います。

 

11~14の災いの『キラーマシン』がきつい

構成にもよりますが『キラーマシン』が出てくる災い11~14あたりからかなりきつくなります。

賢者がいる場合は『いやしの雨』などで使いましょう。

デスマスターの場合は『死霊の守り』をした後で範囲回復連打で良いと思います。

 

殲滅が間に合わない場合は壁役の火力かサブヒーラーが『おたけび』をすると回復時間が稼げます。

『幻惑』も入れる事ができます。

ヒーラーに3タゲがくると壊滅する恐れがあるので慎重に戦った方が良いです。

 

デスマスターの召喚は『ゴースト』で良い

色々試しましたがデスマスターの召喚は『ゴースト』で良いです。

11~14の災いだけがキツイですが、この期間に1度だけ『死霊の守り』を使う事で何とか耐えてください。

どうしてもやられてしまうという人は10の災いになったら『よろいのきし』に変えて15の災いから『ゴースト』に戻すのもありです。

 

天地雷鳴士の召喚は『カカロン』で良い

デスマスターを使う立場からすると『カカロン』を召喚してほしいです。

理由は『ドメディ』だと回復がキツイのと『スクルト』ができないからです。

デスマスターとしては『カカロン』をお願いしたいです。

 

災禍の陣(チャンス)を最後まで取っておく

二の災壇で一番きついのは20の災いに出てくる『カラミティスコルプ』です。

道中の火力が十分出ている場合は最後までチャンスを残しておくのもありだと思います。

運よくチャンスが引けないと無駄になってしまいますが…。

 

顔アクセサリーは『機神の眼甲』を装備する

顔アクセサリーはモンスターを倒した際にテンションが上がる『機神の眼甲』を装備しましょう。

 

火力に関する宝珠は忘れずに入れる

火力に関する宝珠は必ず入れましょう。

バトルマスターなら『天下無双』『ランドインパクト』『プレートインパクト』『スタンショットの技巧』などです。

天地雷鳴士は『めいどうふうま』『水神のたつまき』『れんごく火炎』、デスマスターなら『ヒャド系』『メラ系』です。

 

フワフワわたあめを食べる

20の災いでカラミティスコルプが『カラミティウェーブ』という技を使ってきます。

この技はジャンプで避ける事が可能なのでフワフワわたあめを食べてジャンプしながら攻撃すると良いでしょう。

 

PTメンバーと話し合う

PTメンバーとよく話し合いましょう。

考えてる攻略方法が違うとうまく噛み合いません。

操作してる職の役割が分からない人がいるので確認した方が無難です。

 

天地雷鳴士のげんま1つとってもカカロンとドメディで意見は分かれます。

デスマスターも何を召喚するかは人によって変わってきます。

 

野良では難しいが占い師入り構成が一番良い

サブヒーラー枠(どうぐ使い、天地雷鳴士)に占い師を入れても良いです。

というか2019年11月19日の時点で占い師(片手剣盾)入りの構成がベストだと思います。

 

占い師構成の討伐速度

バトルマスター2、占い師1、デスマスター1の構成で20の災いまで2分残して到達する事ができました。

何度やっても2分くらい余ったので慣れてるPTならほぼ確実に完全制覇できると思います。

 

またはぐメタの処理に片手剣の不死鳥天舞や超はやぶさぎりが相性が良いので高得点を目指すPTにも良いです。

 

占い師のデッキ

デッキ内容

死神のタロット2

塔のタロット4

罪人のタロット2

隠者のタロット2

力のタロット1(わたぼう)

皇帝のタロット1

教皇のタロット2

節制のタロット2

月のタロット3

愚者のタロット1

私が占い師をやった時のデッキになります。

主に範囲攻撃教皇のタロットをやっていました。

エンゼルスライムの1枚に月を入れボス戦闘時に使っていました。(重要)

 

11~14の災いはキラーマシンのラッシュがキツイので月のタロットで幻惑にできるのが強いですね。

 

占い師は人によってかなり差が出る職なので野良では思うように連携が取れない場合があります。

他の人のデッキはわかりませんが主に使うタロットは『死神、塔、月、教皇』だと思います。

 

野良では占い師で募集してる人がいないので攻略法が広まれば鉄板構成なると思います。

 

現時点でまだ登場していませんが新アクセサリーの『竜のうろこ(ダメージ30軽減)』があれば呪文耐性(マジックバリアなど)がなくても一と二の災壇に関しては安定して戦えるようになるのではないでしょうか。

 

ムチもあり

占い師のムチ装備もかなり良いです。

元々『おたけび』自体は入りやすいのですが、状態異常のスキルを取っていればさらに成功率が上がります。

キラーマシンなどのラッシュがキツイ攻撃にも安定を取りながら戦えます。

また1ターン攻撃しない事で仲間がモンスターを倒せばテンションも上がるのであえて1ターン貯めてテンションののったタロット攻撃も良かったです。

本来の戦い方はこちらのような気もします。

軽い敵なら押せるので、集めて範囲攻撃は爽快です。

 

スポンサーリンク

今後も万魔の塔の攻略を続けます

二の災壇を野良で何度も戦って気が付いた事を今後も追記していこうと思います。

『おたけび(スタンショット)』『幻惑』が二の災壇の攻略で重要だと思います。

 

記事が面白いと思ったら投票お願いします!

スポンサーリンク

-バトル攻略

Copyright© ゲゲろぐ!@ドラクエ10 , 2019 All Rights Reserved.