ゲームのレビューや意見

エルデンリング初心者におすすめのビルド

2022年3月21日

エルデンリングタイトル

エルデンリングが発売して24日で250時間以上遊びました。

今回はエルデンリング初心者におすすめのビルドを紹介します。

スポンサーリンク

はじめに

私は素性をではじめてレベル27でラスボス手前まで行く事ができました。

生命力以外のステータスは上げていません。

レベルを上げたかったのですがプレイ当時はオンラインマッチングの条件が不明だったので躊躇してレベルを上げれませんでした。

しかしエルデンリングは生命力さえ上げていれば武器、戦技(戦灰)、タリスマン、遺灰を駆使し強化する事で十分戦う事ができました。

隅々まで探索しながらプレイしていたのでプレイ時間が120時間になっています。

参考:レベル27、武器レベル17、遺灰(霊体)+10

おすすめの素性

エルデンリングをはじめるとまずは素性を選択する画面になります。

素性は何でも良いです。

自分が遊びたいスタイルで素性を選んでOKです。

しいて挙げるなら剣士が使いやすいと思います。

私は最初から打刀が使いたかったので侍を選びました。

形見は黄金の種子石剣の鍵のどちらかを選ぶのがおすすめです。

ゲゲ

基本的に素性は好きなのを選んでOK

スポンサーリンク

重要なのは生命力

初心者に一番重要なステータスは生命力です。

まずは生命力を上げましょう。

生命力を上げる事でHPが上がります。

初心者の場合は生命力を40~60程度まで上げると攻略が楽になります。

※ちなみに生命力は60以降の伸びが悪いです。

ゲゲ

後半は一撃の火力がかなり高くなるので生命力を上げて一撃を耐えれるようにしましょう。

武器レベルを上げて火力を上げる

筋力や技量が低いと火力が低いと思われがちですが武器レベルを上げる事で解消されます。

戦技に関しては武器レベルが上がるとダメージが上がるものも多くそういったものを活用する事で攻略が楽になります。

ゲーム内で砥石刃を入手できれば属性(炎、冷気など)なども付与する事ができます。

※砥石刃は属性ごとに入手する必要があります。一度入手すれば何度も使える

これを使えばダメージの通りにくい相手(トロルなど)にも通常攻撃でダメージを与える事できます。

ゲゲ

おすすめは冷気の二属性武器の二刀流。打刀(血属性)の武器に冷気属性を付与すると強い

スポンサーリンク

曲剣二刀流がおすすめ

曲剣を二本用意する必要がありますが非常に強いです。

素性が剣士であれば最初からシミターを2本装備しているので準備する必要はないです。

上記でも説明しましたが砥石刃で属性を付与させることで火力は一気に上がります。

特に血属性をつける事で出血が狙えるのでダメージが高くなります。

中盤で手に入る「死体漁りの曲剣」は出血の状態異常が最初からついているため今作では最強の武器の1つとされています。

死体漁りの曲剣は1周で1本しか手に入らないので冷気に派生させて、もう1本はシミターなどを装備し血属性に派生させると良いでしょう。

死体漁りの曲剣は祝福「ゲルミア火山、一合目」の近くで入手できます。

ゲゲ

曲剣はリーチが短いので戦う際は気をつけましょう

最後に

エルデンリングの初心者はとにかく生命力(HP)を上げましょう。

HPが高ければ耐えられる攻撃も多くなり攻略が一気に楽になります。

ルーンを入手したらガンガンレベルを上げてキャラクターを強化しましょう。

中盤でスキルの振り直し(要アイテム)もできるようになります。

ただ最大でもレベル135程度に抑えると良いと思います。

レベル135は終盤エリアで問題なくマッチングします。

オンラインマッチングをやる予定がない人はレベルを上げすぎても問題ありません。

こちらもCHECK

エルデンリングのマッチング範囲(レベル・武器)について

続きを見る

最後まで読んでくれてありがとう

クリックするとランキングに投票ができます。
応援よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

-ゲームのレビューや意見